アリオーネミュージックオフィス

 社会は時代の流れとともに日々目まぐるしく変動しております。

そのような多様化した社会において音楽という存在を、どのような姿で皆様の心に届けることができるのか。

アリオーネミュージックオフィスでは、時代が求める音楽の在り方をプロデュースさせていただきます。

質の高い演奏はもちろん、幅広い世代が興味の湧くようなプログラミング

演奏会場やお客様の要望を取り入れた演奏会等の企画・運営まで

新たな音楽スタイルを、社会に積極的に提供していきたいと思っております

マネージメントコンサートのご案内


第5回 ギルド・ムジカ九州演奏会

 

[福岡公演]

2021年11月22日(月)19:00開演(18:30開場)

    あいれふホール

 

[東京公演]

2021年12月17日(金)18:30開演(18:00開場)

       旧東京音楽学校奏楽堂

 

    全席自由  一般 3,500円(前売り2,700円)

              学生 1,500円(前売り1,000円)

 

 

 演奏者

ヴァイオリン:  原田 大志、桐山なぎさ、齋藤 寛子、山本 裕樹、

                       福山 真由[福岡のみ]、岩戸有紀子[東京のみ]

ヴィオラ:      [福岡公演]小倉 由衣、児島まさ子

                     [東京公演]渡部安見子、伴野 剛

チェロ:         [福岡公演]原田 哲男、中村 充

                     [東京公演]西方 正輝、伊藤 耕司

コントラバス:[福岡公演]伊藤 珠里、[東京公演]蓮池 仁

ピアノ:           丸山 滋

 

Program

1.川崎絵都夫《NANTŌ 奇譚》(ピアノ四重奏曲)

2.大政直人《パリの憂鬱》

3.井財野友人《恵授好願(けいじゅこうがん)》から  第1,3 楽章

4.共作《令和の四季》(仮題)

  I.「春」(寺嶋陸也作曲)  II. 「夏」(大政直人作曲)

  III.「秋」(田村徹作曲)  IV. 「冬」(井財野友人作曲)

5 .J.S. バッハ《2 台のヴァイオリンのための協奏曲》

 


※2022年4月17日(日)に公演再延期となりました。

土田聡子ソプラノリサイタル 「Suono-音-」

2020年4月19日(日)14:00開演(13:30開場)

      銀座王子ホール

 

    全席自由  前売り4,000円(当日4,500円)

 

Program

    M.ラヴェル     亡き王女のパヴァーヌ

    A.ポイドマーニ   ジャポーネのバラ    ほか 

 

------------------------------------------------------------------------------------------------

チケットご購入について

 

「アリオーネミュージックオフィス」へのお申込み

アリオーネミュージックへ「お名前・チケット送付先住所・枚数」をご連絡いただき、

下記の銀行へお振込みをお願い致します。ご入金が確認出来次第チケットをお送りします。

アリオーネミュージック   E-Mail   info@arione-m.com        TEL   03-5726-9123

※お振込みの際、依頼人名には必ずお客様のお名前を記載してください

※振込手数料がかかる場合「振込手数料を差し引いて振り込む」を選択しチケット代金のみをお振込ください。

三井住友銀行 都立大学駅前支店 普通 口座番号1807903 アリオーネミュージック ヨシダジュン

 ------------------------------------------------------------------------------------------------

 


 

 

2020年1月吉日

 

土田聡子ソプラノ リサイタル「SUONO」開催のお知らせ

 

お正月気分でぐずぐずしているうちに、世の中は成人式、そして最後のセンター試験と、季節は週替わりでどんどん進んでいってしまいます。

 

1年前からプロジェクトとして準備してきた、銀座王子ホールでのリサイタル「SUONO」を、4月19日(日)に開催させていただきます。

 

7年前、初めてCDを出すと決めた時、自分の声を2つ重ね録りし、ライブでは表現できないものをつくりたいという構想を抱きました。

あいにく、その後の2枚のアルバムではこの構想は実現せず、今回のリサイタルに合わせた3度目の正直で、約1年の作成期間を経て、ようやく納得のいく1枚ができあがりました。

自分の声を聴き、声を合わせることは難しく、今までにない経験でした。

 

幸せなことに、声楽を習い始めたときの恩師に、今も引き続き師事することができています。

恩師との取り組みのおかげか、発声も日に日に滑らかになっており、「音楽は死ぬまで勉強」だとしみじみ思います。

 

今回のリサイタルは、これまで積み重ねた努力の集大成であり、私にとって特別なものです。

自分の色をしっかり出した意思のある演奏を、是非お聴きいただきたく思い、お知らせをさせていただきました。

 

4月のお忙しい季節と存じますが、必ず楽しく嬉しい気持ちになっていただける舞台を作ります。

お時間が許せば、私の演奏をお聴きいただけたら、これ以上の喜びはありません。

 

どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

土田 聡子


アリオーネ音楽教室